日本伝統園芸協会・展示即売会

サイトマップ | ヘルプ | ホーム  
 2005年6月11〜12日、新大阪駅前イベントホール「レ・ルミエール」において「大阪東洋蘭総合展示即売会」が行われました。東洋蘭全般とのふれ込みでしたが時節がら「富貴蘭」「ウチョウラン」「セッコク」などの出展が目を引きました。

 昨年の第一回に比べて、やや人出が少ないのではないかと思いましたが、業者の展示部分には幾つか「売約済み」の札が立てられており、「まずまずと言ったところとか」との印象でした。

 寒蘭では実生物が目に付きました。以前の様なF1交配種だけではなく柄物なども出品され、少し幅が出てきた様です。九州各地で山採りが禁止された以上、時流としては必然的に交配実生にならざるを得ないのでしょう。
 

 蘭界全体に沈滞ムードが漂う中、業者の姿勢にも以前のようなおごりは感じられず、「財政的には厳しいが毎年続けていく事に意義があるという結論に達した」との事で、趣味者を育てる以外に業界が回復する方法は無いという方向になった様です。以前に比べ真剣さが感じられる対応でした。

 会場で大阪東洋蘭会会長の竹ノ内氏、杭州寒蘭愛好会の川崎氏と会談しましたが、両氏とも「これからは中国蘭がリードする時代」との認識で、一部を除いて国内の業者は益々厳しくなるのではないかと思います。

 我々趣味者の側も、旧態然とした趣味者を食い物にする業者には、この際退場していただき、趣味者を育てようとする業者とは対立するのではなく、AONとしても側面的にサポートしていきたいと思います。
 


富貴蘭 織姫


日本春蘭 緑宝


日本春蘭 稲妻


フウラン 無銘黄花


Copyright © Asian Orchids Network
免責事項 - ヘルプ -