―東洋蘭栽培相談室―    _

このページのuser-ID枠が[9999]と自動記入されている場合は回答メールが届きませんので
トップページの[認証]ボタンを押して、user-IDを確定させてから書込んで下さい。

あなたの質問をここに記入してください。 (回答はそれぞれの質問の下にある[書込む]ボタンを押すと記入窓が開きます)
user-ID:  回答が有ればAON登録メンバーにはメールでお知らせします。
質 問:
 写真添付: ★写真名は半角英数文字で128KB以下です
写真を添付する場合は参照をクリックして下さい。   

       .


相談担当理事 竹ノ内 功忠 池田 訓介 廣田 浩 横山 和芳 宮川 忠志 浦野 弦

田中 英雄 北村 健三 森江 潤二 尾崎 行雄 富永 淳一 野口 眞人

このページの質問に回答して頂ける方はご協力をお願いします。をクリックし、お名前を記入して下さい。
AON 理事の方々が回答される場合や、質問をされたご本人が追加説明される場合は、それぞれの質問の下に有る[書込む]ボタンを押すとフォームが開きます。
新たに回答欄にも写真の添付ができるようになりました。ご利用ください。

ゲストさんの質問 寒蘭が黒く葉焼けをしてしまいました。葉焼けしたところの処理をどうすればいいのでしょうか。教えて下さい。

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 ゲストさんへの回答を


ゲストさんの質問 大明セッコク12年以上育てていますが一度も花が咲きません。培養方法を教えてください。

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 ゲストさんへの回答を


ゲストさんの質問 寒蘭のような株もらいました。葉も根もありません。それでも植えればいつか根や葉や蕾などつきますか。

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 ゲストさんへの回答を


nanafukuさんの質問 よく、寒蘭ホルモン付苗と記載されたものを目にしますが、そもそもホルモンとはどうしてできて、どうゆう役目をするものでしょうかまた鉢栽培でも生成しうるものなのでしょうか?

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 nanafukuさんへの回答を


nanafukuさんの質問 よく、寒蘭ホルモン付苗と記載されたものを目にしますが、そもそもホルモンとはどうしてできて、どうゆう役目をするものでしょうかまた鉢栽培でも生成しうるものなのでしょうか?

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 nanafukuさんへの回答を


nanafukuさんの質問 いつも、ご丁寧な回答有難うございます。さて、寒蘭の香りについてお教え下さい。
香るメカニズムについては、温度と日照の関係など理解しているつもりです。
私は、エビネ、風蘭などの香りの高い蘭が好きで、ラン栽培を続けてきました。
春蘭にも微かに香るものもあり、愛培しています。
そこで、寒蘭のなかでも特に香りの高い種類や銘品はあるのでしょうか、
たとえば、紅花、黄花、更紗、素心のなかでも香る、高低があるとか
産地であるとか、、、
個人的な所見でも結構ですのでお教えくださいませ。今後の苗選びの指標にしたいと思っております。

★ 東洋蘭史考(前編)--中国の養蘭史と新品種-- http://kansai.kanran.org/doc33.php#document_1 の文中の「国蘭の欣賞(鑑賞)」編「“香”から見る品種の優劣」に 「清香(すがすがしい香り)は格別によい香りで、薄い香より優れる: 濃清香および濃香より清香はよい: 香気の長い間続く者より短い方が好ましい: 香りの無いものは劣る。」 と書きましたが、これは中国蘭の鑑賞基準を編纂したもので、「濃清香および濃香より清香はよい」は中国人らしい優れた見方だと思います。寒蘭でも同じ様に、「暫香」(暫時に漂う清香)に魅力を感じます。 さて、ご質問の「特に香りの高い種類」ですが、春蘭ほどの個体差が有るのかどうかあまり意識した事が有りません。ただ、昔から言われているように、風邪の無い晴れた日の朝蘭舎に入った時の香りは「薫浴」という言葉にふさわしいものだと思います。昔の人の様に「寿命が延びる」とまでは思いませんが、心身ともにリフレッシュします。たしかに香が無かったら蘭の魅力は半減しますが、色や形のように目に見えるものではなく評価の基準にするのは難しいですね。かと言って洋ランの「フレグランス部門」の様に、蘭を箱に入れて鼻を突っ込むのは、東洋蘭としては「いただけない」と思います。東洋、中でも日本の場合「臭いを嗅ぐ」のではなく「香を聞く」という表現がふさわしく、「何かに興じていてふと気付くと、時折漂うすがすがしい香りを感じる。」というのが理想的だと思います。[ 管理人]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 nanafukuさんへの回答を


nanafukuさんの質問 先日は、寒蘭の花時の肥料に関して、興味深いご返答を頂きまして、誠に有難うございました。
さて、又早速、お聞きしたいのですが、寒蘭の「山採り」についてです。色々な方々のブログ等を拝見しておりますと、「今日も山に入った」「収穫は何本だった」とか頻繫に出てきます。
私どものような、その地域に縁もゆかりもない者が、同じような事をしても許されるのでしょうか?ある有名?な栽培家は、「山採り」が乱獲だと決め付けるのはとんでもない!とおっしゃいます。むしろ、暗黙の推奨とでもとれるご発言です。はたして、良識の範囲内なら許される行為なのか否か、又、暗黙のルール等があるのでしょうか?ちなみに、私は奈良県在住の者ですが、
そこらじゅうの山で春ランの斑入りや代わり花を探しまくって数十年、一度もとがめられたことはありません。四国、九州、紀州での寒蘭の山採りも同じ感じなのでしょうか?観賞価値が違うからなのでしょうか?ややこしい質問かもしれませんが、ずうっと、疑問に思っていたことですので、何卒よろしく、御教示くださいませ。

★ 春蘭と寒蘭の大きな違いは寒蘭が地下に蘭玉を形成する点で、ルールを守って「地上部だけの採取」なら半永久的に採取できますが、蘭玉を掘り起こしてしまうとその品種は絶滅します。「ルールを守った採取はかまわない」とする理由はここにあります。ただし、蘭玉の発達していないものも有りますので、「採取はかまわない」とまで言えるかどうか…。 近年問題化しているのは採取ではなく播種で、人工的に交配した種を山に撒いている方が少なからずいて、新種として出てくる事です。春蘭の赤花が各地で採取?されていますが、本来は東日本と北陸以北にしか無かったので、西日本以南で「新種赤花」と言われると違和感を覚えます。フラスコ苗なら分かりますが、「雌雛」に似た山採り新種が多いのは、それだけ山を汚している事になり趣味者はやるべきではない事だと思います。 皮肉になりますが、和歌山県の山からは中国春蘭が取れています。以前にある方から「奈良県北部に寒蘭が自生している」と伺いましたが、この自生地などは「誰にも知られない方が良いのでは」と思います。[ 管理人]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 nanafukuさんへの回答を


nanafukuさんの質問 寒蘭の花茎が10cm程のびてきましたが、このときに肥料をやれば花数が増えるとか花が大きくなるとかあるのでしょうか?ちなみに、液肥としてハイポネックスN-0を3000倍ですが、花色が悪くなるとか、害の方が心配なのでしようか?初心者です、宜しくお教え下さいませ。

★  花数が増えると言う人も有りますが、実際は花芽が形成された時に決まっているようです(花芽に気付くのは伸びだしてからです)。  花が大きくなるのは今の時期に燐酸の多い俗に「山形の肥料」と言われる5:10:5(窒素、燐酸、カリ)などに切り替えるか、燐酸の多い肥料を追加します。  昔の書物などに「肥料をやらない」とか「化学肥料は発色が悪くなる」などと書かれていますが「」根拠に乏しく、肥料をやらないで良い花が咲くと言うほうが不自然です。名人と言われる人のほとんどが何らかの工夫をした肥料を遣っているようですが、秘密にしている人もあり、探る方との駆け引きが面白いのです。例えば「燐酸は必要だが、ヨウ燐は駄目だ!」「じゃあ何を?」「・・・・・」という具合に。この辺りが知りたかったら、ぜひ蘭会の扉をたたいて下さい。[ 管理人]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 nanafukuさんへの回答を


tetuさんの質問  今年は花芽も多く付き喜んでいましたが、秋が短いせいか花茎の伸びが悪く花色もいまひとつでした。今年初めて花芽が被害に会いました、害虫によるものと思いますが何の被害か判りません、ナメクジ?ハモグリバエ?・・・誰か教えてください宜しくお願いします。 添付写真

★  被害に会ったのは10月28日頃で2本です、いずれも花茎は30cm程に伸びていました。[ tetu]添付写真
★ 家でも同様の被害が何本か発生しました。ハモグリバエでもこの様になりますが、網戸の中でも発生しましたので「ナメクジかも?」と思い全鉢にスミチオンを潅注しましたが、ナメクジらしきものは姿を見ませんでした。何かの食害の様に見えますが、スミチオンを鉢内に潅注した後にも1鉢出ましたので食害なのかどうかも含めて正体不明です。もしかしたら異常な気象が原因かも知れません。[ 管理人]添付写真

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 tetuさんへの回答を


bingoさんの質問 春蘭の栽培を始めてまだ2年で、栽培について分からないことだらけです。今年の2月ころ「白光」という品種の春蘭をいただいたのですが、この春蘭は1株(篠と呼ぶのかな?)で太い根が1本しかありません。現在3号鉢で春蘭用のボラ土で栽培していますがこの方法で良いのでしょうか?それとも水苔に変えたほう良いのでしょうか。どなたかアドバイスを宜しくお願い致します。因みに今年は新芽が付きませんでした。

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 bingoさんへの回答を


kiyouさんの質問 kiyouです。ご教示どうもありがとうございます。新芽だけに発生し成長が停止、一部に波状変形(写真)とてっきりウイルスと思っておりました。屋外なのに殺虫についてはあまり気にしておりませんでした。浸透移行性の殺虫剤というのは、オルトランのことと思いますが、2〜3年かけての駆除というのは卵や成虫が住み着くということでしょうか。写真に示す波状奇形は、この蘭(雪月花)だけ別の原因かもしれませんね。 添付写真

★ (kiyouからの追加です。)水苔は使用せず、ボラなどの軽石のみですが、住み着くのでしょうか。よろしくお願いいたします[ kiyou]
★ 蘭に住み着くということではなくて、周囲の環境にそのような虫が常に居るということです。よそからやってくるので狙い撃ちで退治することは不可能です。殺虫剤は調べれば何種類かあると思います。オルトランもいいでしょうし、モスビランなどもよいでしょう。2〜3種類を輪番で使うのが良いと思います。また、サンヨールのような忌避効果のある殺菌剤と混用するのも良いと思います。 葉に傷を付ける虫の害はひどいと葉が変形することがありますし、成長がおかしくなることが多いようです。 画像の雪月花は芽変りを起こしているようですね。葉先からの蹴込縞が深く入ればすばらしい芸になると思います。葉が少し波打っているようにも見えますが、これは水遣りや肥培の影響ではないかと思います。殺虫と消毒をしっかりやりながら腰を据えて作って下さい。[ 浦野 弦]
★ ○kiyouです。とても参考になりました。半ば見捨てていましたが、また励みたいと思います。誠にありがとうございました。[ kiyou]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 kiyouさんへの回答を


kiyouさんの質問 尢魔フ病気について伺います。屋根付車庫のコンクリート上で直射を避けて鉢掛けで栽培しています。今年5月に尢(太平)をもらいましたが病斑があったので隔離していました。しかし7、8月に他の蘭の新芽に同じ症状が出てきました。症状は褐色斑の回りに白い退色、葉の裏側の変色がひどい部分は表にも白斑、褐色斑がでる。腐食部は陥没、突起。暑くなった時期に新芽のみに発生し親木、バルブ、根は健全。写真は薩摩錦、西海錦、雪月花で中列上は葉の裏、下は表です。ベテランに写真を見せましたがダニかスリップスとの見解でしたが、新芽の袴をめくって表に出ていないところにも変色が見られるのでCMVウイルスではないかと思っています。殺虫剤はマラソンを5月に1回のみ散布、殺菌は5月にタチガレン、6月にマイシン、7月にオーソサイド、8月にアミスター20を使用しカビ病対策しています。隔離した鉢にも殺菌液を潅注し、鉢からの廃液を地面に撒くとき使ったジョウロを1ヶ月後に潅注に使ったのが原因かと思っています。ウイルス検査キットを使えばよいのでしょうが、ウイルスなら蘭を買い直すかやめるべきかと考えています。ご意見を頂ければ幸いです。 添付写真

★ (kiyouからの追加です。)新芽の生育が止まり、一部の蘭で葉に波状の変形が見られます。[ kiyou]
★ 今日は、大分派手にやられたようですね。 画像を拝見した限りでは、ウィルスによる症状は見られません。吸汁性の昆虫やダニそれからスリップスやアザミウマ、ハモグリバエなどに齧られたのだと思います。特に長楕円形に抉られたようなキズが見られますが、これはアザミウマなどのように葉の表面を削るように食害する昆虫による食害痕だと思われます。最近はハモグリバエも関東地方で見られるようになり、このような食害痕がよく見られるようになりました。 対策は浸透移行性の殺虫剤を気長に散布する以外ありません。 マラソン乳剤を5月に一回撒いておられるようですが、これでは全く不十分です。もう一種類別の浸透移行性殺虫剤とスミチオンなどのような直接接触することで殺虫効果の発揮されるタイプの殺虫剤を混用して、4〜6月は2週間に1回、7〜10月は月1回程度で2〜3年かけて駆除する必要があります。また、薬剤濃度も薄めすぎると薬害は出ませんが効果もありませんのでご注意下さい。 薬剤散布の時にはランだけでなく、根元に巻いてあるミズゴケにも掛けて下さい。ここが成虫の隠れ場所になっていることがありますので要注意です。[ 浦野 弦]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 kiyouさんへの回答を


0011ikedaさんの質問 私は紅系の花の色出しの手法として、次のようなことをやつております。30W2ヶ連の育苗用蛍光灯を天井から吊るし、光源から蕾までの距離を20cmに設定し、朝の6時から日没まで照射します。期間は花間が取れだしてから開花まで毎日続けます。従って日々蕾は伸び上がってきますので、20cmの照射間隔を維持するために、蛍光灯を徐々に上のほうに引き上げてやります。(20cmの間隔で約5000ルックスです)4年前から実施しておりますが、成果は80%いうところです。私にとっては、いまひとつというところです。ここで会員の皆様にお願いですが、「俺は色出しについては、こんな事をやっている」と是非貴重な経験を教えてやってください。お待ちしております。

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 0011ikedaさんへの回答を


abc98さんの質問 購入してから約2か月たつ寒蘭の葉が、3枚の内1枚が黄色く変わってきました、肥料等は、十分与えているつもりだと思いますが、なぜか分かりません教えてください。

★ これだけの情報では実際が判りません。できれば株の条数や葉の写真を添付してください。 [ 管理人]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 abc98さんへの回答を


kqnwt319さんの質問 富貴蘭、都羽二重を先日入手しました。色々なページで写真を拝見しますが、購入時は無地でした。
日を当てて管理していましたら虎が出て来ました。都羽二重は虎が出るのでしょうか?
添付写真

★ 添付の画像を見ると、都羽二重にしてはえらく地味な柄で、ほとんど縞が見えません。そもそも都羽二重なのでしょうか?、なにか別の虎斑を出す品種だったのではないですか?。[ 浦野 弦]
★ 浦野さま、回答ありがとうございます。 安かったので何か別な品種かもしれませんね。しばらく様子をみます。 [ kqnwt319]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 kqnwt319さんへの回答を


tetuさんの質問 返信有難う御座いました。昨日問題の蘭を植替えしました、写真の様に全体に茶変してますが腐敗部も無く健全に近い様です、葉切れのBAKバルブもカッターで割ってみましたが腐敗部も無く問題無いようです、菌に感染した前兆でしょうか?傷自体は浅く葉裏から照明に透かして見ても確認できない程度です。この傷が出来るころに与えたのは液肥だけでした、2,000倍を7月初め、3,000倍を7月下旬、殺菌剤・殺虫剤は散布してませんでした。 添付写真

★ フザリウム菌による病斑でなければ何よりです。他の方も読んでいると思うので、もう少し書き足します。学問的にはどうなのか解りませんが、経験的には春蘭、中国春蘭、寒蘭とも同様のフザリウム菌に羅病する様です。バルブが黒変する「黒腐病」状態になるのは最終段階で、その前兆として「ウイルス様のクサビ斑が出る」とか「辰砂状の葉傷が出る」とか「成長が遅れ2年で1作になる」とか「新芽が伸びきらない内に袴が茶色になる」など色々な症状が現れます。これは同じシンピジューム族でも品種よる感受性に差があるためで、すぐ隣に重篤な感染株が有っても、全く感染しないものや感染しても軽微なものが現れます。ベテランの棚に感染株が含まれている確率は高く、それほど珍しい病気ではありません。[ 管理人]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 tetuさんへの回答を


tetuさんの質問 お世話になります。今回は新芽に現れた傷についてです、添付写真の傷みたいな症状が7鉢程に出ました、特徴は新芽によって傷の位置は違いますが、すべて左右対称の高さに2〜3cm程度の傷ができています。おそらく新芽の成長過程でなんらかの液体(水・殺菌剤・液肥)が新芽の中に溜りそれが原因だと思うのですが・・・?潅水・消毒は夕方の6時頃にしてます、今年は暑く30度程度有りました。宜しくお願いします。 添付写真

★ 葉傷の出来る原因は色々有りますが、写真を見ると中葉だけでなく外葉にも見られます。この事から、物理的な原因(水・殺菌剤・液肥等が新芽の中に溜り…)よりも病原菌等による生理的原因を疑う方が安全だと思います。 そこで、考えられる原因としては、まず「フザリウム菌による病斑」が思い起こされます。フザリウム菌は感染力が強く一度感染すると根治が難しい厄介な病原菌です。治療薬などの詳しい情報はhttp://www.aon.gr.jp/CVR/cvr.cgi にログインして「病気が発生」をクリック。黒腐病(シンビジューム腐敗病)をご覧ください。[ 管理人]
★ 私は、2ヶ月前に友達から寒蘭を貰いました。喜び勇んで植え替え入棚してよくよく眺めたところ、新木の葉に筋状の脱色班を見つけました。ウイルス病ではないかと不安でしたので、早速インターネットで「日本植物防疫協会 支援事業部」(東京都の)を検索、「蘭のウイルス病診断薬」を取り寄せ試験しました。結果は陽性で処分しました。貴方のも写真では、はっきりしませんがウイルス病だと、同じ棚の蘭に伝染する危険がありますので試してみたらいかがですか。陰性であれば幸いです。其の時は、ベンレートやトップジンMなどを10日おきに2回づつ散布したらいいでしょう。[ 池田 訓介]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 tetuさんへの回答を


ゲストさんの質問 どうやったらかぜとおしよくできるの

★ 質問が短文で、おそらく回答が無いと思われます。もう少し具体的な質問の方が望ましいのですが…。「風通し良く」とは言うまでも無く作場の環境を意味しています。つまり、「洗濯物がよく乾く様な場所に作場を決めれば自然によくできるが、洗濯物が乾かない場所に作場を作れば苦労することは最初から決まっている」という事です。その上で日当たり、鉢と鉢の間隔、遮光などを適正にし環境を整えます。[ 管理人]
★ 寒蘭培養で、採光や湿度とともに必要なのは風どうしです。風通しが悪いと色んな障害が発生します。室内が蒸れて罹病の原因になったり、また「かいがら虫」の発生で悩むことにもなります。http://www1.bbiq.jp/kunsuke  の私のホームページ「私の寒蘭培養」を参考にしてください。[ 池田 訓介]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 ゲストさんへの回答を


ゲストさんの質問 久ぶりです。お伺いいたします。春蘭開運を持っていますが産地が判りませんので、
宜しくお願い致します。

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 ゲストさんへの回答を


19490327さんの質問 再びの質問です。当方では初花になりますが、添付写真の花が咲きましたが、肥前産の「北の川内産」と購入時に聞きました。あわせて、「瑞雪」や「秀峰」も購入したので肥前産と書きました。この「北の川内」はどの辺かご存知の方があれば、教えてください。よろしくお願いします。 添付写真

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 19490327さんへの回答を


19490327さんの質問 9月中旬頃、同じように花蕾がでている白妙といっしょに家に取り入れた流星光の花茎が伸びないので(添付写真)質問しました。なお、白妙は30cmで流星光は15cmです。 添付写真

★ 画像を見るかぎりですが、原因として2つ考えられます。 1.蕾が2つ見えますが、虫がこの2つの蕾に巣を作って中を食い荒らしている。 2.花芽としては弱い感じなので途中で伸びが止まった。 1.の場合が尤もあり得そうです。蕾を調べてみてください。 2.の場合については木勢が良さそうなので可能性は低いと思います。 後は花軸の根元のほうを齧られたか、蕾の少し下の辺りをスリップスなどに吸われて伸びが止まった可能性もあります。何れの場合も痕が残っているはずですから良く観察してみてください。[ 浦野 弦]
★ 浦野様、ありがとうございます。このような状態は始めてで、今回は「平成冠坪採り」や「極楽鳥坪採り」にも出て、枯れたようになって切ったことでした。 今後は、花の土きり時に消毒を心がけるようにしたいと思っています。ありがとうございました。(19490327より)[ 19490327]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 19490327さんへの回答を


sam1498さんの質問 浦野様

早速のご回答ありがとうございます。親木を調べましたが、黒く変色しているのはありませんでした。鉢の中で株が大きく2つに分かれて一方は全てかなり葉先が枯れた状態です。ハサミで切ってのけたほうがいいのでしょうか。 植替えは今月いっぱい大丈夫でしょうか。 殺菌剤と殺虫剤の名前を教えてください。 「メネデール」を購入しています。使用してもいいでしょうか。 鉢は水洗いでいいでしょうか。 たくさんの質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

★ AON理事の尾崎さんから回答が有りましたが、このページに収録できないので別ページを作りました。私の寒蘭、春蘭の栽培の仕方[ 管理人]
★ 葉先の黒く枯れた部分は切除してください。年内いっぱい植替え可能です(東京23区の場合)。殺菌剤と殺虫剤は多種類出ているので、園芸専門店で聞いて購入してください、何を使用しても大体効果は似たり寄ったりです。メネデールは使って構いません。鉢は水洗いだけでは不安です。特にウィルス感染を防ぐことは出来ません。理想的には煮沸消毒ですが、なかなか困難だと思います。プラ鉢ならば水で良く汚れを落とした後に中性洗剤に一晩程度浸漬し、キッチンハイターなどで消毒するのも一つの方法ですが、完全とはいえません。プラ鉢で作られているのであれば、使い捨てにして常に新品の鉢に植えた方が良いかもしれません。[ 浦野 弦]
★ 浦野様、管理人様 ご丁寧なご回答をいただき感謝しています。ありがとうございます。 培養方法や管理についてはすべてプリントアウトして手元に置き、見ながら育成を図ってみます。大変助かりました。 本を買ってきて調べたのですが、質問した記事はありませんでした。また人によって培養土や管理方法も異なることからこの欄にある方法をもとに自分の方法を確立してみたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。[ sam1498]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 sam1498さんへの回答を


sam1498さんの質問 初めまして。このたび新会員になったものです。今後ともよろしくお願いします。
東洋蘭を始めて5年くらいになります。昨年は寒蘭が6鉢程度先ました。4年前には15鉢程度
ありましたが、用土(日向ボラ土使用)が悪かったのか、手間をかけなかったのせいでしょうか
銀鈴や黄竜、桃里、白鳳などが枯れてしまいました。
今年は6鉢が花芽をつけて喜んでいたところ、花芽の下1cmあたりが黒く変色し、そこから
しおれて折れました。原因が分からず困っています。6鉢全部です。
保管場所は、裏庭で風通しのよい日の当らない場所です。初めての体験なので処置方法が
わからず困っています。どなたか教えてください。

なお、昨日は培養土を2種類買ってきました。日根土とクレーべストに似た品物で、来年春の
植え替えに使うつもりです。植替えの際に市販の「骨粉」を入れるとホームセンターで
聞きましたが、それでいいのでしょうか。この点もお願いします。ネットでは「マグアンプ」
を入れていたようですが。

★ 花芽が伸びてくる途中で萎れてしまう事は時々体験します。原因としては花軸を虫かナメクジ等に齧られた場合、吸汁性の虫(アリマキ等)に吸われた時に軸に傷が付いてそこから腐った場合、親木に何らかの病原性の菌が感染していて花を咲かすだけの体力が無かった場合等があります。親木の葉に黒い比較的大きな斑紋が出ていれば、何らかの菌類の感染が疑われます。葉がきれいであれば虫やナメクジ等の食害の可能性が高いと考えられます。 まず、木の状態を観察するために植え替えることをお勧めします。新しい東洋蘭用の培養土で無肥料で植え込んで下さい。培養土に骨粉などを混ぜ込むのは言語道断と心得てください。鉢から抜いたときに根を良く観察し、傷みが少なければそのまま植え替えて良いでしょう。もし根が傷んでいて健康な根がほとんどないような状態であれば水苔植えにでもせざるを得ないと思います。植え込む時に殺菌剤と殺虫剤の混合液に1時間程度株全体を浸して消毒するのも有効な方法です。[ 浦野 弦]
★ 早速のご回答ありがとうございます。親木を調べましたが、黒く変色しているのはありませんでした。鉢の中で株が大きく2つに分かれて一方は全てかなり葉先が枯れた状態です。ハサミで切ってのけたほうがいいのでしょうか。 植替えは今月いっぱい大丈夫でしょうか。 殺菌剤と殺虫剤の名前を教えてください。 「メネデール」を購入しています。使用してもいいでしょうか。 鉢は水洗いでいいでしょうか。 たくさんの質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。[ sam1498]
★ 「花芽の下1cmあたりが黒く変色し、そこからしおれて折れました。」これから推測できることは、もし貴方が西日本にお住まいなら、「ハモグリバエ」が最有力です。 ミバエの仲間で、近くに山や森があるなど良い環境の野外で栽培している場合は一度に数鉢の花芽が倒されます。室内には入ってこない様ですから花芽が上がったら室内で栽培する方が良いと思います。従って培養土や肥料が原因ではないと思います。 [ 管理人]
★ 管理人様 ご回答ありがとうございます。我が家の近くには300m離れた場所に山があります。 ご指摘のとおり西日本、愛媛県です。 来年からは十分に気をつけます。[ sam1498]
★ 私は、昨年の失敗例を紹介します。私には以前から悪い癖がありまして、新芽の発生時期の4月下旬や花芽が土をきる6月初旬になると、待ちきれずピンセットで株元をほじくって着芽を確認せずにはおれません。昨年の花芽のときは、ささくれくれだった袴の中は見難いので、上から指で押さえて確認しました。6月の末、2cm位で伸びが止まり枯れてしまった花芽が21本にものぼりました。特に花芽はほろかしく、一寸触っただけで駄目になります。絶対に触れないことです。[ 池田 訓介]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 sam1498さんへの回答を


ゲストさんの質問 シンピジュウムとランの違い

AON理事の方はお答え下さい。

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 ゲストさんへの回答を


ゲストさんの質問 はじめまして

東洋蘭の葉に白い粉のようなものと茶色のブツブツが出来てドンドン枯れていっています
10年以上栽培しているのですが、このような事が起こったのは初めてです
去年は春に植え替えをして花が咲きました

今年の5月頃に初めて症状に気がつき
フェンプロパトリン・ヘキサコナゾール液剤を散布しましたが効果がありません

普段は東向きのベランダの日陰に置いています

どのような対処をすればいいのでしょうか
ご教授の程よろしくおねがいします
添付写真

★ 「葉に白い粉のようなものと茶色のブツブツ…」は、写真では確信が持てませんが、たぶん貝殻虫では無いでしょうか。だとしたら[スプラサイト]を散布、その後鉢に「オルトラン」を置いて下さい。[ 管理人]
★ 画像から判断するとカイガラ虫と思われます。 白い粉状のものは<雄>茶褐色の扁平のものは(雌)です。 固めの絵筆や歯ブラシで掻き落とし、スミチオン、カルホス、スプラサイド、スミチオン等を塗布・散布してください。 葉の間に繁殖している場合は、袴や葉の間も良く駆除してください。 葉の伸長に従い根気よく作業を繰り返してください。[ 富永 淳一]
★ ご回答ありがとうございました 早速教えて頂いた様にブラシ等で掻き落として薬品の散布を行ってみます ウィルス症かもしれない思いと不安になっていたのですが カイガラ虫ならば駆除ができるので安心しました ありがとうございました 申し訳ないのですが、追記でもう1件教えてください この東洋蘭は直射日光に当たらないように ベランダの端に置いているので、風通しがあまりいい場所ではないのですが カイガラ虫の対策として、風通しがよい場所へ移した方がいいのでしょうか それとも風通しはあまり関係ないものなのでしょうか 度重なる質問で恐縮ですが、再度ご教授の程よろしくお願いします[ ゲスト]
★ 経験から言えば、風通しの悪い場所は矢張りカイガラムシが繁殖しやすいと感じています。[ 富永 淳一]
★  私も富永説に賛成です。風通しは、寒蘭培養の採光・湿度とともに三大必須条件の一つです。風邪通しが悪いと病気に罹りやすいし、必ず「貝殻虫」が発生します。 「貝殻虫」の発生をみたらスプラサイドを規定稀約倍数の水溶液を一週間おきに2回 散布してください。其の時注意することは、袴の中まで浸透するように、そして花芽が伸びてきたら中止してください。薬害の危険があります。通風については  http://www1.bbiq.jp/kunsuke の私のホームページを検索してください。「私の寒蘭培養」に通風設備について書いております。[ 池田 訓介]
★  私も富永説に賛成です。風通しは、寒蘭培養の採光・湿度とともに三大必須条件の一つです。風邪通しが悪いと病気に罹りやすいし、必ず「貝殻虫」が発生します。 「貝殻虫」の発生をみたらスプラサイドを規定稀約倍数の水溶液を一週間おきに2回 散布してください。其の時注意することは、袴の中まで浸透するように、そして花芽が伸びてきたら中止してください。薬害の危険があります。通風については  http://www1.bbiq.jp/kunsuke の私のホームページを検索してください。「私の寒蘭培養」に通風設備について書いております。[ 池田 訓介]

AON理事と、この質問をしたご本人だけが書込めます。 ゲストさんへの回答を